トップページ

瀬戸うち倶楽部について

トピックス

生活の豊かさとは?

石あかりロード

板倉とコンクリート打放しの家 計画から竣工まで

敷地境界はビオトープ

せとうち
ゆったりスタイル

住まいの相談室

住宅無料プラン作成
募集中!

造園

メンテナンス

建物緑化

エクステリア

インテリア

生活雑貨

床暖房

パッシブソーラー

ペット

有機栽培

ゴミ処理

水を大切に

せとうち
ワンルームライフ

T_COURT

TWINS

住まいの相談室

 

なんでも無料相談コーナー

住宅に関連する設計や工事についてなんでも相談下さい。

注意事項
建築工事中の内容については各工事関係者にお尋ね下さい。
回答した内容に責任を負うものではありません。



 

Q&A

Q:設計を依頼する時どのように注文すれば良いのでしょうか
A: まず敷地図面.土地の地番がはっきりわかる資料を用意します。
 そして要求することや不都合なことをはっきりさせておくことです。難しく考える必要はありません。


Q:まだ土地を購入してませんがそういう場合でも依頼できるのでしょうか
A: 土地が決まらないと具体的な計画はできませんが、購入予定の土地に対して
 いろいろな面から総合的に検討することはできます。

Q:何年後かには一戸建てを建てたいと考えているものです。
しかし、希望の地域では広い土地が見つかりそうにはありません。
そこで、3階建てということも考えないといけないのかなと思い始めています。
3階建を考え始まる際に、重要なことを教えていただけませんでしょうか??

A: まず土地の問題ですが、道路の幅や地域によって建物の大きさが制限される場合が
ありますので、購入する前に不動産屋さんに確認しておく必要があります。
また土地の形状や周辺の状況が計画して行く上で重要な要素になりますので事前に
プランを検討しておくと良いでしょう。
次に3階建てについてですが下記のようなことを考えると良いと思います。

1.周辺環境への配慮
周囲が住宅地の場合はまだ3階建ては少ないと思います。高さの問題で日影や
プライバシーに問題が出ないよう注意して計画する。
隣近所の人とは長い付き合いになりますのでトラブルのない住宅にしましょう!

2.家族に対して
3階建てになるとどうしても階で空間が切断され連続しない場合があります。
そうすると家族の関係も空間に影響されますので自然と家族の接点が少なく
なったりします。
まず家族の生活をイメージし、それをどのように3階の中にあてはめて行くか
が重要です。

3.コミュニティに対して
土地の大きさの問題で3階建てにする場合は、どうしても閉鎖的な住宅になりやすい
と思います。そこで周辺に対して開く部分と閉じる部分のバランスを取りコミュニティ
を大切にできる計画が必要です。
住宅を地域に開きたくない場合は、ちょっとした庭を作り植木等を植えて気持ちの良い
町造りに貢献するのもいいでしょう。無愛想な住宅にならないよう注意して下さい!

 


Q:はじめまして。

1000万円プロジェクトのプランを拝見しましたが、すごいプランですね。感心しました。(ちなみにこのプラン、施工面積はどれくらいなのでしょう?)

A: 最終は40〜43坪ぐらいですが最初は28坪程度です。1000万円は28坪での金額です。現在の多くの家づくりは最初から全て完璧に作ってしまいます が、実際の生活は2〜3年もするとせっかく大金を出してつくった住宅も賞味期限が切れてしまう場合があります。普通家を建てる場合銀行等で融資を受けます が、あまり使わないまま改造してしまうと、もう存在してない部屋に対してお金を払ってる場合があります。
このプロジェクトは最初に2層吹き抜けの大きい空間を作り、あとから生活に合わせ少しずつ部屋を拡張して行く計画です。最初はワンルームの大空間なので夫 婦2人と小さい子供しか住めめせん。最近小さい子供の多くはマンションで育ってますが問題だと思ってます。子供の成長には地に足を付けて自然の中で生活す ることが大切だと思います。そのためには低価格の良質な住宅の供給が必要です。若い世代の人にも土地付きの家に住めるような家づくりに挑戦してます。

 


Q:私は現在丸亀市内に住宅建築を予定しており、ハウスメーカー2社と交渉中なのですが、いくつか疑問に思う点や不安な点があります。
1.細かなプランや仕様などが決まっていないにも関わらず、ラフな見積りで「とりあえず契約を」と迫ってくること。
2.メーカーにより工事費の見積りがかなり違うこと。(住宅本体の価格が違うのは当たり前ですが、浄化槽設置工事や各種設備工事などが大きく違うのは腑に落ちない)
3.私の場合は土地も同時に購入予定なのですが、あるハウスメーカーは「土地はお客さんが直接不動産会社と交渉して購入した方が良い」というような話をす る。(正直いって土地など買ったことがある訳じゃないし、不動産会社と直接交渉するのは気が重い)
4.プランづくりにあたって、あまり細かな話はせず、「リビングは何畳欲しいか、寝室は何畳か」程度の打ち合わせしかしないこと。(私見ですが、施主がど ういう考えをもっているか、ふだんどういう生活をしているか、などが解らなければ、その人たちが望む家など作れないように思えます)
などなど、どうもハウスメーカーには「売らんかな」というような姿勢が見え、本当に信用して良いのかな、と思います。(向こうも商売だから仕方ない、とも思いますが)
やはりハウスメーカー相手には、本当に自分が納得できる家づくりというのは出来ないものなのでしょうか?
長々と書いてしまいましたが、「初めての家づくり」を前に不安が大きく、何かアドバイスをいただければと思います。よろしくお願いします。

A:交渉は一番むずかしい問題ですね。
住宅を建てる方法はいろいろあります。
例えば建築家に頼む場合や工務店(建設会社).住宅メーカー...に頼む場合等です。これらの違いは大きく分けて2つの方法に分類できます。
設計施工:設計と施工をいっしょに請け負ってもらう方法
設計と施工を分離:設計は建築家等の設計者が作成し施工は工務店や住宅メーカーに頼む方法です。工務店等の交渉は設計者が建築主の立場で代行して行います。
それらの選択は自分にあった方法を選択するのが良いと思います。
住宅の工事でトラブルをおこすもとになるものは、建築主が注文にあたって描いたイメージと、実際のできあがりとのズレです。
それではなぜズレが起きるのでしょう。車のように何種類かの中から選ぶのならあまり問題は起きません。
住 宅の敷地はそれぞれ大きさや形が違うし環境も違います。またそこに住む家族もそれぞれ個性や考えにより生活スタイルも違います。そういう状況の中から自分 にあった家づくりをしなければならないのです。建築主の側からのはっきりとした要望や、その要望に対してはっきりとした『どんなもをいつまでにいくらで』 ということがはっきり示せなければ当然ズレができます。
建 築主である自分の中にもズレがあります。人間は完璧な機械ではなく自己矛盾を抱えた動物ですので、考えと行動は一致しない場合がありますし、昨日と今日で は考えが変る事もあります。住宅にも矛盾があり現在の技術では解決できない問題もあります。例えば避難しやすい玄関ドアは外開きですが、入りやすい玄関ド アは内開きです。
住宅を設計施工で請負う企業はそれらのズレが出ないようモデルルームやカタログを作成し努力しています。
私たち建築家はそれらの条件をうまくバランスできるよういろいろな方法を考え模型やCGに表し、確認できたものを施工者に伝える設計図を作ります。そしてその設計にあった施工業者を選定し工事監理してます。
工務店や住宅メーカーにも設計者はいますので注文に応じた家づくりもできると思います。
要は世界に一つしかないあなたの住宅ですからその家づくりを一生懸命行ってくれる人を見つけることです。

質問1について:ハウスメーカーの場合モデルルームやカタログがあると思いますのでそれらを良く見てはどうでしょうか。
注文住宅のような事を考えているのであれば、まず契約しないとなかなか細かい打合わせはむずかしいと思います。

質問2について:住宅本体以外でも金額差はそのハウスメーカーの仕様や特色により変ると思います。使用する材料や機種、施工方法もそれぞれ違うと思いますので内容を良く確認してみて下さい。

質問3について:金額の大きい買い物ですので頑張って下さい。知った不動産屋さんがいなければ、買いたい地域にある不動産屋さんを訪ねて見てはどうでしょうか。新しく住む地域ならきっといろいろな事で力になってくれると思います。

質問4について:イージオーダーの住宅を買うのか注文住宅を建てるのか、自分自身はっきりさせておかないと交渉がむずかしいと思います。

以上参考になりましたでしょうか。家づくりは家族や人生について考えるいい時間ですから、あせらずゆっくり良い家づくりをして下さい。


Q:とにかく冬でも暖かい家を作るにはどのような工夫をすればいいでしょうか?あとツーバイシックスの家
はカビが発生しやすいって本当ですか?それと3階建にする場合、1階部分を鉄骨にしたほうが住宅は
長持ちしますか?
A1: 冬暖かいといっても人それぞれ感じ方が違います。たとえば部屋の中でTシャツ1枚で過ごす暖かさ
を望むのか?、人間の体にとって外気温と内気温の差が大きいほどよくないと考えます。それよりは
香川県という気候風土にあった、住い人にあった家を考えることが大切だと思います。

A2:カビ発生の主な原因は結露によるものがほとんどです。建物の構造種別との関係は少ないと思われます。
最近の家はアルミサッシなどにより気密性が良くなりましたので換気が少ないとカビが発生しやすいです。

A3:1階部分鉄骨、2.3階木造と考えているのですか。計画の内容や仕様により変わりますのでなんとも
お答えできません。 


当サイトは綾野建築事務所が運営しています。
 
許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。
Copyright (C)2001- 2012 Shigenobu Ayano All rights reserved.