AYANO ASSOCIATES

都市 自然 人間

トップページ

自己紹介

住宅設計の方針

仕事場はこんなところ

WORKS

住宅

事務所

商業施設

その他

雑誌掲載

ニュース

高松郊外の家

●トピックス

・土間について

・模型をつくろう!

建築家について

・資金計画の目安

諸費用について

Q & A

土間について                      2001.12.21   綾野

住宅が近代化していくなかで捨ててしまった空間の一つに土間があります。
昔の土間は家業の作業場や子供の遊び場、玄関として多様な生活ができる第2の
居間として機能していました。廊下はあまりなく土間から各空間につながり
外部に出ていく時は必ずそこを通りました。
現代住宅の多くは個室中心の生活でそれらの個室はできるだけムダの無い廊下
で結ばれています。そして個室はプライバシーを重視してますので廊下に人の気配
を感じることもできません。
寝室はベッドを利用する理由で居間より大きく優先されている場合もあります。
また個室に全ての生活機能を埋め込み個室で完結できる生活が便利という考えがあります。
家族とは?家での生活とは何なのでしょうか?

土間で犬も快適

最近子供が学校からの帰り犬を拾ってきました。
さっそく家族会議を開きちょうど子供達にもいい時期(私の子離れ?)なので飼う事に決定しました。名前は『ロッシ』私が付けました!
育てることに決定したもののどこで飼うの?誰が犬小屋を作るの?そう考えているうちに我が家の土間に住みついてしまいました。ごはんを食べる時や夜は土間にいます。土間は床暖房してますのでロッシには非常に快適のようです。

土間ギャラリー

子供の書いた絵を貼ったりしてます。壁のコンクリートは傷みが気にならないので大きい紙を貼り落書やボールをぶつけたりして遊ばせてみてます。(子供を実験に使うな!奥さんの意見。)
軒下空間と連続させてますが屋外の工夫がもうひとつなので家の中ばかりで遊んでます。ちょっと問題。
早く屋外を工夫しなくては。


当サイトは綾野建築事務所が運営しています。

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。
Copyright (C)2001- 2006 Shigenobu Ayano All rights reserved.